|TOP|施工順序|施工写真|

PCR工法>箱形トンネル形式

▼構造形式

箱形トンネル形式は上床版・下床版部は隣接するPCR桁同士を水平方向に、また側壁部分は鉛直方向にプレストレスを与えて一体化し、床版・側壁接合部を剛結とした箱形のPCRトンネルです。
プレストレス導入の作業空間として、鋼製エレメントを配置してPC鋼線の挿入と緊張を行い、PC鋼線は耐食性に優れたプレグラウトPC鋼材を用います。下床版には閉合部として、場所打ちコンクリート部を設けます。また、円形トンネル形式ではリング状に緊張を行います。


一室断面

* 上記断面図の拡大
(PDF 192KB)


多室断面

* 上記断面図の拡大
(PDF 212KB)


円形断面

* 上記断面図の拡大
(PDF 191KB)

▼施工例

施工写真
件名 錦糸町Bv
場所 総武本線錦糸町駅構内
高×幅×長 6,050×15,450×32,000
施工年度 平成6年度〜平成7年度
施工写真
件名 狭山PCR
場所 国道16号横断狭山市
高×幅×長 4,700×8,000×32,000
施工年度 平成12年度
施工写真
件名 相模湖PCR
場所 中央自動車道大月市
高×幅×長 4,555×5,000×33,600
施工年度 平成12年度
施工写真
件名 臨海大井町PCR
場所 大井町東京都(区道)横断
高×幅×長 3,600×6,100×16,000
施工年度 平成13年度
施工写真
件名 苫小牧PCR
場所 国道234号横断苫小牧市
高×幅×長 2,800×3,000×19,000
施工年度 平成13年度
施工写真
件名 日吉PCR
場所 横浜地下鉄日吉駅
高×幅×長 4,350×3,100×27,280
施工年度 平成16年度
施工写真
件名 草津PCR
場所 名神高速道路横断草津市
高×幅×長 3,000×4,000×60,500
施工年度 平成16年度
施工写真
件名 塩尻トンネルPCR
場所 成田高速鉄道印旛村
高×幅×長 5,920×8,820×22,000
施工年度 平成20年度
施工写真
件名 近鉄薬水PCR
場所 近鉄吉野線 薬水・福神駅間
高×幅×長 5,500×9,000×18,800
施工年度 平成21年度
施工写真
件名 土佐山田Bv
場所 土讃線 新改・土佐山田駅間
高×幅×長 5,630×15,000×10,956
施工年度 平成22年度
施工写真
件名 京成市川PCR
場所 京成本線 八幡・鬼越駅間
高×幅×長 6,000×16,500×13,600
施工年度 平成24年度〜平成25年度
施工写真
件名 仙台地下鉄PCR
場所 仙台市地下鉄東西線
六丁の目駅構内
高×幅×長 4,400×3,950×10,900
施工年度 平成24年度
施工写真
件名 九州自動車道嘉島PCR
場所 九州自動車道横断嘉島町
高×幅×長 5,900×15,350×33,600
施工年度 平成24年度〜25年度
 
※使用写真はURT協会からの提供

[↑] このページの先頭へ